古い木造校舎はたから箱

0
    うちの隣町にある小学校は、明治6年に建てられた古い古い木造校舎。

    新しい校舎が建設され、古い木造校舎は明日から取り壊し工事がはじまるそうです。



    つい最近まで、子どもたちの笑い声が響き、楽しい時間を刻んできた学び舎。。

    趣のある木造校舎が取り壊されてしまうのは、なんとももの悲しいものですね。


    階段



    校舎を壊す前に、校内に残っているもので欲しいものがあれば持って帰ってもいいという
    お話だったので、fossetteのまみぃちゃんと行ってきたんだけど…


    こんなに趣のある建物を壊しちゃうなんて!!(>_<)



    私たちから見れば、その古い木造校舎はたから箱のようなもの。

    廊下も 扉も 机も 本棚も どれもこれも素敵なものたちばかり!


    こんな素敵な空間を壊してしまうなんて…


    ただただ残念…





    うちの子どもたちが通った学校ではないけれど、

    ほんの短期間、縁あって、お勤めさせていただいた学校なだけに
    とても寂しい気持ちでいっぱいになる。


    だってね。。

    ホントに素敵な空間なんですよ。

    職員室前

    階段



    戸棚や 机も まだまだ使えるものばかり…


    できることならみんな持って帰りたいくらい…


    大きなテーブル、さすがに車に乗りそうになかったので
    諦めましたけど、持って帰って、大事に遣いたかったなぁ…




    校舎の中の教室・階段・廊下まるごと移築できたらいいのに。。。



    そんなことを二人で話しながら、たくさんのたからをお持ち帰りさせてもらいました。


    ここで過ごしたたくさんの人たちの いろんな思い出の詰まった品々…


    大事に大事に遣わせてもらいます。



    教室に残されたメッセージ



    子どもたち 先生 保護者の皆さんの 想いのこもったメッセージ



    心に響きますね。



    長い間、ありがとう。  そして、おつかれさまでした。



    教室


                にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ

    応援のわんぽちお願いします。



               
    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック