ストレスフリーの和癒ぱんつ♪

0
    以前、ブログでもご紹介した和癒サロンEn’で作られている
    和癒ぱんつ(ふんどしぱんつ)。


    ふんどし生まれの和癒ぱんつ


    肌触りが良くて、足の付け根を締め付けることもないから
    すっごく履き心地がよくて、ぐっすり眠れるのです♪

    両サイドが開いている状態なので、もしかしたらスースーするかなぁって
    気になってましたが、全然問題ナッシング

    ということで、お気に入りの下着になってます。

    En’さん、ありがとうございました



    facebookでも和癒ぱんつのご紹介をしてみたら、
    見てみたいって言ってくれたお友達がいらっしゃいました。

    同じ見てもらうならいろんな種類のぱんつを
    見てもらいたいなぁと思って、Enさんのご自宅にお邪魔して、
    色々な種類の和癒ぱんつをお借りしてきました

    ふんどしぱんつの和癒ぱんつ

    これはほんの一部なんですが、可愛い和柄のぱんつから、
    妖艶な色合いの「萌え〜ぱんつ
    」まで多種多様。(^m^)

    ちなみにEnさん一押しは赤いちりめんで製作している和癒ぱんつ(右端)と
    ダブルガーゼで肌触り抜群のエロかわぱんつ(中央の赤紫)♪

    赤いのは肌襦袢のような風合いが、なんとも萌え~な感じなのです。(^m^)

    今回は、たくさんの生地の中から自分の好みの生地と紐を選ばせていただいて
    オーダーメイドで作っていただきました

    女の子ですから(笑)、自分仕様にカスタマイズできると嬉しいですよね。

    この柄あわせ・色合わせも楽しみの一つだったりします

    せっかく素敵な和癒ぱんつを作っていただいたので
    穿いてるとこの写真もご紹介できればいいのですが
    あまりにもお見苦しいので、着画をご紹介することはできません
    ご容赦ください。(笑)


    身体を締め付けることなく、ゆるゆるな履き心地は癖になります♪^^
    快適な睡眠間違いなし


    実は私、デスクワークが多いせいもあってか、浮腫みが半端ないんです。
    浮腫みすぎて、足首が曲げられなくなるくらい膨れ上がります。

    そんなこんなもあって、和癒ぱんつに心惹かれるものがあったんですよね。

    今回は女性バージョンをお借りしてきましたが
    実は男性のご愛用者も増えているとか。

    名前だけ聞くと、「え〜ふんどしぱんつ〜?!」って思われるかもしれませんが
    機能的でかつ、快適

    ぜひとも多くの方に体感してもらいたいなぁって思います

    もし、最近疲れがとれないなぁとか、浮腫みがひどくて嫌だなぁって
    感じておられる方がいらっしゃったら、ぜひ試してみてほしいものです

    もし興味のある方がいらっしゃったら、ご連絡くださいませませ♪(^m^)




                にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ

    応援のわんぽちお願いします。



               
    コメント
    あゆさんおはようございます!
    先日はサロンへのご来訪&楽しい時間をありがとうございました!
    そして,またまた素敵な記事をありがとうございます☆
    あゆさんの記事を読むと,なんだかさらに和癒ぱんつが好きになってしまう…♪新しい魅力をどんどん引き出してくださって,ありがとうございます!

    “スカートの中で密かに萌え〜を愉しむ”輪!
    2012年には和癒ぱんつのオフ会やりましょう♪

    Enさん
    お返事が遅くなってごめんなさい!
    こちらこそ、先日はありがとうございました。^^
    Enさんの素敵なサロンにお邪魔することができて、嬉しかったです♪
    ぜひ、次回はほぐしの施術儲けたいところ。。です。(笑)

    和癒ぱんつ、萌え〜さを楽しみながら、今夜も穿いてますよ〜。^^

    来年は、“スカートの中で密かに萌え〜を愉しむ”輪!広げていきましょうね。(^m^)
    オフ会もぜひぜひ♪^^
    Enさん
    お返事が遅くなってごめんなさい!
    こちらこそ、先日はありがとうございました。^^
    Enさんの素敵なサロンにお邪魔することができて、嬉しかったです♪
    ぜひ、次回はほぐしの施術儲けたいところ。。です。(笑)

    和癒ぱんつ、萌え〜さを楽しみながら、今夜も穿いてますよ〜。^^

    来年は、“スカートの中で密かに萌え〜を愉しむ”輪!広げていきましょうね。(^m^)
    オフ会もぜひぜひ♪^^
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック